本をつくりたい方へ


こんにちは。ハンカチーフ・ブックスの長沼敬憲です。

本を出版するということは、とてもすばらしい体験です。
伝えたいことがあるのであれば、ぜひトライしてほしいと思いますが、出版の世界に縁遠い人にとってそのプロセスはわかりにくく、何をどう進めたらいいかわからないところがあるでしょう。
ここでは、これから本を創りたい方のために、僕がハンカチーフブックスを立ち上げる前に執筆や編集に関わった書籍の紹介とともに、これまでやってきたことをご紹介します。

これまでやってきたこと

ハンカチーフブックスを立ち上げる前から、本の企画編集に携わっていくなかで最も力を入れてきたのが、出版プロデュースです。
著者のプロデュースと言っていいかもしれませんが、基本的には、ある分野のスペシャリストとタッグを組んで出版社に企画を通し、出版デビューさせる、さらには同じ著者の本を継続して刊行し、その研究分野、世界観などを広めていくことを意図していました。

そのひとつ、松村卓先生の「骨ストレッチ」シリーズ『「筋肉」よりも「骨」を使え!』『ゆるめる力 骨ストレッチ』など)は、シリーズ累計60万部を超えるベストセラーになりました。

著者の松村先生とは8冊の本をつくってきましたが、初期段階では講習会やセミナーを開催させるなど、スタートアップの経験も分かち合いました。コツコツと出版を重ねる中で著書が売れはじめ、やがてベストセラーになり、テレビや雑誌などで取り上げられ……、出版の世界でひとつの成功体験を積むことができました。

また、医師の土橋重隆先生とは書籍(『50歳を超えてもガンにならない生き方』『生きる。死ぬ。』『じぶん哲学』など)の刊行にとどまらず、3年間にわたって勉強会(土橋塾)を開き、本の内容をより深く学び合う活動を続けました。
学生時代から敬愛してきた栗本慎一郎先生の「最後の一冊」にあたる『栗本慎一郎の全世界史』を担当できたことも、素晴らしい経験でした。

初期の頃は健康実用書を扱うことが多かったですが、のちにサイエンス系の理学書を扱う機会も増え、生物学、免疫学、生命科学、栄養学などの研究者と出会うことで、身体や生命の本質をより深く考察する経験が積めました。
その過程で出会ったのが、腸内細菌学の世界的なパイオニアである光岡知足先生で、生前3冊の本(『人の健康は腸内細菌が決める!』『腸を鍛える』など)を手がけました。

このほか、出版プロデュースとは言えませんが、駆け出しの頃に携わった医師・南雲吉則先生『50歳を超えても30代に見える生き方』は、50万部を超える大ベストセラーになりました。また、免疫学者・安保徹先生の研究の大きなターニングポイントになった『人が病気になるたった2つの原因』も担当。腸から細胞内のミトコンドリアへと、ミクロの領域の知見が一気に広がりました。

2011年12月には、僕自身の著者としてのデビュー作である『腸脳力』を刊行。おかげさまで、同書は現在も続くロングセラーになり、後年、ハンカチーフ・ブックスの『ゆるむ! 最強のセルフメンテナンス』『共生の法則』の刊行へとつながっていきます。

なぜハンカチーフ・ブックスを始めたのか?

以上のように、既存の出版社とつながりながら様々な本の企画・編集に携わってきましたが、本そのものの制作にすべて関わってこれたわけではありません。
基本的には、著者をプロデュースし、本の内容をまとめ、校了させるまでが一区切り。タイトルを決め、本を印刷し、書店に流通させるプロセスは、すべて出版社におまかせしている状況でした。

「本をつくること、すべてを経験したい」

移住した先の三浦半島の葉山の生活に溶け込みはじめた2015年、「ハンカチーフ・ブックス」という出版レーベルを立ち上げることで、この思いは実現していきます。
本の企画、制作から流通、販売にいたるまですべてのプロセスを自己決定し、自己責任で表現していく経験は何にも変え難く、クリエイターとしてのスキル、感性を高めることに大きく貢献したと思っています。

どうやって本をつくっていくの?

ここまでの歩みを整理すると、本を出版するプロセスは次の4つに分かれることがわかると思います。
本の内容にもよりますが、制作期間は最短で3ヶ月、平均で6ヶ月ほどです。
もちろん「つくって終わり」ではなく、つくった本をどう広めていくか……流通させること、在庫を管理し、直販で扱うことなども含めて、ご依頼される方の思いや身の丈に合った形で、「何がどこまでできるのか」をともに考え、実行していきます。

ハンカチーフ・ブックスには、「どの時代、どの地域でも変わらない、ベーシックなこと」を大事にしています。
身体や生命の分野を多く扱ってきたのも、特定の主義主張に偏らない「普遍性」を探求し、それが個々の意識はもちろん、人生全般、心身の健康の「豊かさ」「心地よさ」につながっていく共有財産であるととらえてきたためです。

これからの時代の本づくりとは?

世の中全体がそうであるように、出版の世界も、いま、大きな転機を迎えようとしています。「本が売れなくなった」と言われる昨今、出版流通のシステムそのものも盤石とは言えません。

まず大事なのは、流行り廃りに左右されないコンテンツのクオリティー(質)です。ハンカチーフ・ブックスでは、本をつくって販売することのみをゴールとせず、生み出されたコンテンツをどう広めていくか? 出版という分野にとらわれない広い視野から発想し、描かれた世界観を広げていく術を模索しています。

たとえば、対話(ダイアローグ)をテーマにした新刊の『ことばの焚き火』では、著者4人と制作スタッフがゆるやかにつながりながら、文字通り、対話的なプロセスで作品づくりに取り組みました。
初版に3種類の帯を作成したこと、書店流通を上回る部数を直販にまわすこと、制作過程をオープンにしながら共感者を巻き込んでいくことなど、出版界のセオリーからはかなり「型破り」な試みを行うことで、制作のクリエイティビティが発揮されることを経験しました。

本を読むこと、さらにはつくること、世の中に広めていくこと。。。ハンカチーフ・ブックスは、本を携えながら、本の先にある世界へと、ご縁のある皆さんを誘っていきたいと思っています。

出版を希望される方へ

ハンカチーフ・ブックスでは、書籍の企画・編集・販売などのご相談を承っています。コンタクトを希望される場合、こちらまでお問い合わせください。メールやオンラインでやりとりしながらお考えを伺い、必要であればお見積りなどを出します。

●制作費の目安:2,000,000円〜(応相談)
*書籍の企画・制作・編集に関わる経費になります。制作期間は3〜6ヶ月を目安としてください。
*デザイン代、印刷代は、ご希望の内容によって異なるため別途お見積りします。
*書籍の流通や販促についてもご相談ください(書店販売、Amazon、直販など、ご希望に沿って提案し、別途お見積りを出します)。